気象庁防災情報過去情報データベース

全般気象情報(過去情報)

このイベントで新しい情報
リストに戻る

<前の情報 次の情報>

暴風雪と高波に関する全般気象情報 ≪第2号≫

2019年11月13日04時54分発表 気象庁予報部発表

(見出し)
北日本では、14日から16日頃にかけて、日本海側を中心に西よりの風が雪を伴い非常に強く、海は大しけとなるでしょう。暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒してください。

(本文)
[気圧配置など]  14日から15日にかけて、低気圧が日本海北部から間宮海峡を急速に発達しながら北上し、14日から16日頃にかけて北日本では冬型の気圧配置が強まる見込みです。14日夜から北日本の上空約1500メートルには、平年よりも10度程度低い真冬並みの寒気が流れ込み、北海道では氷点下15度以下となるでしょう。 [防災事項] <暴風雪・高波>  北日本では、14日から16日頃にかけて、日本海側を中心に西よりの風が雪を伴い非常に強く、海は大しけとなる見込みです。暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒してください。また、北陸地方では、14日は非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。  14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、   北海道地方     25メートル(35メートル)    東北地方      23メートル(35メートル)   北陸地方      20メートル(30メートル)  14日にかけて予想される波の高さは、   北海道地方      7メートル    東北地方、北陸地方  6メートル です。 <大雪>  北日本では、14日夜から16日頃にかけて、日本海側を中心に大雪となる所があるでしょう。積雪や路面凍結による交通障害に十分注意し、湿った雪による電線等への着雪、なだれに注意してください。また、雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。  15日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、   北海道地方 40から60センチ    東北地方  10から20センチ です。  その後も16日にかけて降雪が続き、降雪量はさらに多くなるでしょう。   [補足事項]  今後、地元気象台が発表する警報や注意報、竜巻注意情報、早期注意情報、気象情報に留意してください。  次の「暴風雪と高波に関する全般気象情報」は、13日17時頃に発表する予定です。

警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。